FC2ブログ
マグーのドラ猫のブログ
深夜のお茶会
アニメの感想や模型関連など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」第5話
う~ん、第5話ですが…
BD購入マラソンを決定しているので厳しい評価にならざるを得ない。

話は基本的に原作第12話ほぼそのまま。
燈日の中二病ブログ暴露と、墨染さんのぼっち回想は原作第8話からの移動。
燈日のコンビニ弁当買出しはうか様も燈日も遠くから見かけるだけに。
原作ではもうちょっと後にうか様に背後霊のようにつけられるんだが。
これは次回フォローされるかも。⇒予告にあった

なにやら放送の早いとこでの感想で
“マルちゃんがうざい”とか“墨染さんが落ち込むのが判らん”とかいうのがあって
「えー?なんで?」と思ってたけど、観てみると確かにギスギスしてるし
墨染さんが判りにくいという声もわからんでもない。原作だとこんな印象は受けない。
というのも、アニメ版はレイアウトも作画も、間の取り方も、キャラの心情や雰囲気を
盛り上げる作りに全然なってないんだもの(なので音楽が上滑りしている)。
漫画のコマの間を何も考えずに動画でつないだだけだと、こんなにも変わるものか。

墨染さんが判りにくいのは構成変更でキャラの積み上げが出来ていないせいもある。
ていうか前回“漫画の影響で同性を好きに”なり、今回“いきなり深刻”になっては
視聴者にネタキャラ扱いされてないのが不思議なくらいだ。
終盤の「私の勘違いやった」「遠慮して…壁作って…」等などの吐露も
尺足りないからって余計な説明ゼリフを足し過ぎだろう。

マルちゃんの印象が悪いのは作画やレイアウトがイマイチなせいもあろう。
予告を見たときは4話よりマシかと思ったんだけど全然そんなことはなかった。
絵の力が感じられないというか、
ショットを視聴者に印象づけるような絵作りになっていない。
キャラデザが公開されたときはその再現度に驚いたくらいで、
「織田信奈」の人だからアニメ本編も大丈夫だろうと安心してたんだけどな。
新興スタジオの処女作なんだからもっとがんばってください…

KBSアナウンサー海平和さんの天気予報はそれほどボリューム大きくなかったねw
イベントでのプロデューサーさんの話では
せっかくKBSさんと関連しているんだからと急にアナウンサーさんを呼んで
演じてもらったら、“やはり声優さんが演じるのとは違う!”とスタッフがなって
どんどんボリュームを大きくしてしまった、みたいなことだったらしいんだけど。

マルちゃんの“天使墨染と悪魔京子”のとことか
「そのお姿で帰られるわけでは~」のとこはテンポも画面構成もよかった。

次はどこまでやるのかな? 旅行編の残りだけだとすぐ終わってしまうしね。
原作で次に来る白兎くんと花火の話は原作8巻限定版のOVAに決まってるし。
残り4話でキリのよいところまでとなると
文化祭か修学旅行、どっちかバッサリ切られそうだなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」第6話 | Blog TOP | 追記:アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」第4話 >>

れとろげ。

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

マグーのドラ猫

Author:マグーのドラ猫
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。