FC2ブログ
マグーのドラ猫のブログ
深夜のお茶会
アニメの感想や模型関連など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追記:アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」第4話
オンエアで観て追加の感想。

寝るときの燈日乱入から“ジ~~~ッ”の流れはテンポが良くてGood。

神社の風景はやや彩度高めで明るめ。さわやかで気持ちいいなぁ。
うか様が座っている石垣は奥社の手水舎の背後じゃなくて横でした。

浴衣の模様とグラデーション、スタッフがんばった!!
洗面所から移動するときとか(他のシーンでも)コンがよく動いていていいね。
駅前で「混んでるしあっちから回ろっか」て、
本宮祭どころか普段の土日でも京阪~大社間の道の混みようはこんなもんやないで…
トシ様が“ガクッ”となるところはちょっと間延びしてたな。

本宮祭のたくさん吊られた提灯の短冊がヒラヒラ動いているのまで再現してある。
2回目に本宮祭に行ったとき風が強くてこんな感じだったのでなんか嬉しい。

丹波橋くんを見つけて駆け出すまでの「顔!は もうとりかえしつかへんけど」とか
しょーもないギャグは要らんよなぁ… 間髪を入れずに駆け出すのが良いのに。
そのときの表情の再現もなくてマイナスポイント。
あとまぁこの前後の墨染さんの作画をもうちょっとがんばってほしかった。

御幸道でいなりと丹波橋くんがはぐれるところで
丹波橋くんが先に行ってしまう理由が原作では不明瞭だったのですが
アニメではカキ氷屋を見つけて早足になっていてこれもGood。
丹波橋くんが「あぁ、よかった!」と言うのも良い。
ちなみに宵宮でのここの混雑具合は全然こんなものではない(^^;

うか様の「いなりの喜びが伝わってくる… 私が感じたことのない気持ち」は
まるまるカットされた原作第9話、勉強会の回からの移動。

千本鳥居を歩いているシーンもちょくちょく作画がなぁ…
コレ作監修正入ってへんやろ、と思えてしまうカットがチラホラ。
夜の薄暗さと提灯による赤味はすごくいい具合だけにもったいない。
あとは提灯を通り過ぎるたびに赤くなったり暗くなったりしてくれれば。
いやでもこのシーンをアニメで見られただけでも感謝せねばならぬか。

第1話のときから音関係がイマイチとか言われていたけど
今回も燈日の「そうやんな 漫画じゃあるまいし」にかぶる笑い声が大きいとか
ラストショットでのBGMが中途半端で終わったとか確かにちょっと気になるね。

作画について厳しめの感想を書いてますが…
そのむかし「アニメの絵は記号にしか過ぎない」と言われたけど
最近の深夜アニメはそうともいえないレベルの作画が少なくないので…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」第5話 | Blog TOP | アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」第4話 >>

れとろげ。

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

マグーのドラ猫

Author:マグーのドラ猫
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。